高橋 保、根岸英一 両先生 とともに
(アメリカ パーデュー大学にて)

 西原康師 教授 

 Yasushi NISHIHARA,
  Full Professor

公益財団法人 JKA
平成30年度 機械振興補助事業 

「次世代の再生可能エネルギーとして期待される高効率有機薄膜太陽電池の開発に関する補助事業」

完了報告書広報資料    Top Page に戻る

TEL/FAX:086-251-7855
e-mailアドレス:
ynishiha[atmark]okayama-u.ac.jp

詳しい情報はこちら

写真館


[最終学歴]  総合研究大学院大学 数物科学研究科 博士後期課程 中退 (1996年)

[学位]    博士(理学) 総合研究大学院大学 (1997年) (指導教員:高橋 保 先生)

[担当授業科目] (学部) 前期:有機化学 9-10,基礎有機化学1,自然科学入門(分担)

                後期:基礎有機化学1,化学実験 4(分担),化学実験 1(分担),化学ゼミナールB(分担)

           (大学院前期課程) 後期:有機金属触媒化学(反応化学特論)

           (大学院後期課程) 前期:合成有機分子化学,動態機能化学演習

[専門分野]  有機合成化学,有機金属化学,高分子化学,有機材料化学

[キーワード] 遷移金属触媒,有機薄膜太陽電池,有機電界効果トランジスタ,結合の活性化,有機ホウ素化学,有機ケイ素化学,有機フッ素化学

[所属学会] 日本化学会,有機合成化学協会,錯体化学会,近畿化学協会,高分子学会,ケイ素化学協会,応用物理学会,アメリカ化学会

[研究内容] 有機金属錯体触媒を利用した新規有機合成反応の開発と機能性材料への応用

[研究の目標] これまでにない活性や選択性を発現するような新規な有機金属錯体触媒を設計,合成し,新規かつ高選択的な有機合成反応を開発することを研究目的にしています。
その研究過程で多くの海外,国内の研究者との交流を深めながら研究生活(人生)を楽しみたいと考えています。

[メッセージ] いつも楽しく,でも,時には厳しく


[研究内容についてひとこと]
古典的な有機合成反応ではおこなえないような反応を有機金属錯体触媒に助けてもらっておこないます。有機金属錯体の中には空気や水に対して不安定で瞬時に分解するものも少なくないので,それらの化合物をアルゴンや窒素といった不活性ガス雰囲気下で扱うためのテクニックも習得しなければいけません。また,合成した有機化合物の機能性にも着目し,将来,実用化できる材料を目指しながら,ターゲット分子を設計,合成,評価していきます。


[過去5年間の主要論文(5件)]

  1. Palladium-Catalyzed Decarbonylative Alkylation of Acyl Fluorides
    L. Fu, Q. Chen, Z. Wang, and Y. Nishihara
    Org. Lett. 22, 2350-2353 (2020).
    (IF = 6.555)
  2. Nickel/copper-cocatalyzed decarbonylative silylation of acyl fluorides
    X. Wang, Z. Wang, and Y. Nishihara
    Chem. Commun. 55, 10507-10510 (2019). (IF = 6.164)
  3. Nickel-catalysed decarbonylative borylation of aroyl fluorides
    Z. Wang, X. Wang, and Y. Nishihara
    Chem. Commun. 13969-13972 (2018). (IF = 6.290)
  4. Solar Cell Performance of Phenanthrodithiophene-Isoindigo Copolymers Depends on Their Thin-Film Structure and Molecular Weight
    H. Mori, S. Hara, S. Nishinaga, and Y. Nishihara
    Macromolecules 50, 4639-4648 (2017). (IF = 5.835)
  5. Transistor Properties of 2,7-Dialkyl-Substituted Phenanthro[2,1-b:7,8-b']dithiophene
    Y. Kubozono, K. Hyodo, S. Hamao, Y. Shimo, H. Mori, and Y. Nishihara
    Sci. Rep. 6, 38535 (2016). (IF = 4.011)

[過去3年間の招待・依頼講演]

  1. 含硫黄フェナセン型分子をコアにもつ高分子の合成と有機薄膜太陽電池への応用
    西原康師,高分子学会九州支部フォーラム-異分野からの新しい材料への招待-,崇城大学,2018年2月23日
  2. クロスカップリングを用いるフェナセン型分子の合成と電子エネルギーデバイスへの応用
    西原康師,第51回有機金属若手の会夏の学校,レイクフォレストリゾート,2018年7月3日
  3. Phenanthro[1,2-b:1,7-b’]dithiophene (PDT): Application to organic photovoltaics
    Y. Nishihara, the First International Conference on 4D Materials and Systems (ECS 4DMS), Yamagata University, August, 27, 2018, (Yonezawa, Japan)
  4. クロスカップリングを利用するフェナセン型分子の合成と電子エネルギーデバイスへの応用
    西原康師,人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス平成30年度 エレクトロニクス物質・デバイス(G1)グループ分科会,倉敷せとうち児島ホテル,2018年10月29日
  5. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Photovoltaics
    Y. Nishihara, The 13th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-13), Chulabhorn Convention Center, November, 1-4, 2018 (Bangkok, Thailand)
  6. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to organic photovoltaics
    Y. Nishihara, The International Collaborative ‘111’ Project Based on “Reticular Chemistry of Porous Polymers” Northeast Normal University, November, 9, 2018 (Jilin, China)
  7. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Field-Effect Transistors (OFETs) and Organic Photovoltaics (OPVs)
    Y. Nishihara, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018 (C&FC2018), Chulalongkorn University, December, 10-14, 2018 (Bangkok, Thailand)
  8. Phenanthro[1,2-b:1,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Field-Effect Transistors (OFETs) and Organic Photovoltaics (OPVs)
    Y. Nishihara, The 45th Congress on Science and Technology of Thailand (STT45),Mae Fah Luang University, October 7-9, 2019 (Chiang Rai, Thailand)
  9. クロスカップリングを用いる有機半導体材料の創製
    西原康師,第2回SPERC 計算化学講演会〜有機材料創製ミニシンポジウム〜, 岩手大学理工学部, 2019年11月13日
  10. Development of Organic Solar Cells Based on New Acceptor Units in Semiconducting Polymers
    Y. Nishihara, 2019 Annual Meeting of the International Collaborative ‘111’ Project Based on “Reticular Chemistry of Porous Polymers” November 16-17, 2019 (Xiamen, China)
  11. 錯体から有機半導体まで―私が資源研で学んだ多くのこと―
    西原康師,資源化学研究所創立80年記念学術シンポジウム, 東京工業大学すずかけ台キャンパス, 2019年11月22日

[過去3年間の国際会議での発表(本人発表のみ掲載 )]

  1. Elucidation of Regioselective Silaboration of Alkynylboronates Catalyzed by Palladium
    Y. Okuda, J. Jiao, K. Nakajima, A. Orita, Y. Nishihara, 43rd International Conference on Coordination Chemistry (ICCC 2018), July 30-August 4, 2018 (Sendai, Japan).
  2. Phenanthro[1,2-b:1,7-b’]dithiophene (PDT): Application to organic photovoltaics
    Y. Nishihara, the First International Conference on 4D Materials and Systems (ECS 4DMS), Yamagata University, August 27, 2018 (Yonezawa, Japan).
  3. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Photovoltaics
    Y. Nishihara,The 13th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-13), Chulabhorn Convention Center, November 1-4, 2018 (Bangkok, Thailand).
  4. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to organic photovoltaics
    Y. Nishihara,The International Collaborative ‘111’ Project Based on “Reticular Chemistry of Porous Polymers” Northeast Normal University, November 9, 2018 (Jilin, China).
  5. Phenanthro[1,2-b:8,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Field-Effect Transistors (OFETs) and Organic Photovoltaics (OPVs)
    Y. Nishihara, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals 2018 (C&FC2018), Chulalongkorn University, December 10-14, 2018 (Bangkok, Thailand).
  6. Phenanthro[1,2-b:1,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Field-Effect Transistors (OFETs) and Organic Photovoltaics (OPVs)
    Y. Nishihara, 13th International CONFERENCE ON HETEROATOM CHEMISTRY, June 30-July 5, 2019 (PRAGUE, CZECH REPUBLIC)
  7. Nickel-Catalyzed Decarbonylative Transformations of Acyl Halides
    Y. Nishihara, Y. Okuda, Z. Wang, X. Wang, L. Liu, and Y. Ura
    20th IUPAC International Symposium on Organometallic Chemistry Directed Towards Organic Synthesis,Heidelberg Convention Center, July 21-25, 2019 (Heidelberg, Germany)
  8. Nickel-Catalyzed Decarbonylative Transformations of Acyl Halides
    Y. Nishihara, Z. Wang, X. Wang, Y. Okuda, L. Liu, Y. Ura
    The 14th International Conference on Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia (ICCEOCA-14), Niseko Hilton Village, September 26-29, 2019 (Hokkaido, Japan)
  9. Phenanthro[1,2-b:1,7-b’]dithiophene (PDT): Application to Organic Field-Effect Transistors (OFETs) and Organic Photovoltaics (OPVs)
    Y. Nishihara, The 45th Congress on Science and Technology of Thailand (STT45),Mae Fah Luang University, October 7-9, 2019 (Chiang Rai, THAILAND 
  10. Development of Organic Solar Cells Based on New Acceptor Units in Semiconducting Polymers
    Y. Nishihara, 2019 Annual Meeting of the International Collaborative ‘111’ Project Based on “Reticular Chemistry of Porous Polymers” November 16-17, 2019 (Xiamen, China)

[過去5年間の研究助成(本人代表のみ掲載)]

文部省科学研究費補助金など公的資金

  1. 2021-2024 年度 日本学術振興会科学研究費補助金 基盤研究(B)
    「特異な電子構造を有する含硫黄フェナセン系分子集合体の伝導特性」
  2. 2017-2018 年度 科学技術振興機構 (JST) 研究成果展開事業 地域産学バリュープログラム
    「複雑なπ共役構造を持つ新規有機分子の開発および有機電界効果トランジスタへの応用」
  3. 2015-2016 年度 文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)
    「新規アクセプターを含む有機半導体ポリマーの精密合成と有機薄膜太陽電池への応用」
  4. 2012-2017 年度 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 「低エネルギー、低環境負荷で持続可能なものづくりのための先導的な物質変換技術の創出」研究領域 (ACT-C)
    「電子エネルギー素子を目指した触媒が先導するフェナセン型π電子系有機分子の創製」
  5.  


     

財団などからの研究助成金

  1. 2020年度 岡山県特別電源所在県科学技術振興事業 「新規π共役系有機分子の効率的な合成および有機電界効果トランジスタへの応用」
  2. 2019年度 第一稀元素化学工業助成金 「ジルコノセン錯体を用いる高選択的四置換オレフィンの合成」
  3. 2018-2019年度 JKA財団 「次世代の再生可能エネルギーとして期待される高効率有機薄膜太陽電池の開発に関する補助事業」
  4. 2018年度 ちゅうごく新産業創出研究会 「高効率非フラーレン系太陽電池に向けた拡張π電子骨格を含む新規半導体高分子の開発」
     

海外渡航のための助成金


[共同研究・研究協力]

  1. 岡本敏宏 准教授 (東京大学新領域)
  2. 浦 康之 准教授 (奈良女子大学 理学部 化学科)
  3. 森 聖治 教授(茨城大学 理学部化学科)
  4. 解良 聡 教授(分子科学研究所)
  5. 佐伯昭紀 准教授 (大阪大学 工学研究科)
  6. 関谷 毅 教授 (大阪大学 産業科学研究所)
  7. 堂免一成 教授 (東京大学 大学院工学研究科)
  8. 席 振峰 教授 (北京大学 化学学院)
  9. 劉 緒宗 教授 (国立台湾大学 理学院)