日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 末石 芳巳

末石 芳巳

末石 芳巳

教授

研究分野 : 物理化学

email

FAX:086-251-7853  

最終学歴

岡山大学大学院理学研究科化学専攻 修士課程修了

学位

理学博士(大阪大学,1988年)

担当授業科目

学部: 物理化学Ⅳ(反応速度論),物理化学演習,化学実験(I・II),基礎化学実験(専門基礎),MP教養ゼミ(自然科学).  大学院博士課程(前・後期): 化学動力学,化学反応特論、動態物理化学演習

専門分野

反応速度論,磁気共鳴,生物物理化学

キーワード

反応速度,EPR,ラジカル反応,機能性分子,分子認識,超分子,抗酸化物質

所属学会

日本化学会,電子スピンサイエンス学会,シクロデキストリン学会,日本酸化ストレス学会

研究内容

高圧下でのラジカル反応や包接機能性分子の包接挙動について分子論的な研究をおこなっている.

  • (1)機能性材料であるシクロデキストリン,カリックスアレーン,ククルヴィツリルなど,種々の包接化合物形成に及ぼす圧力効果を調べ,体積の観点から包接挙動の解明をおこなっている。また,得られた情報に基づき,機能性材料の機能制御について検討している。さらに,最近,発光量子収率の測定から,包接様式と発光量子収率との相関を明らかにし,包接機能性分子を用いた新規発光材料への応用を検討している。
  • (2)EPRスピントラップ法を用い,多くの食品・化粧品等に含まれる抗酸化物質(ビタミンなど)による活性酸素等のラジカル消去能の評価法の構築をおこなっている。 また,EPRスピンプローブ法を用い,リポソーム等二重膜内のラジカル運動,また,その圧力効果より,二重膜の性質の解明をおこなっている。

過去5年間の主要論文(5件)

  • (1) An Oxygen Radical Absorbance Capacity-Like Assay that Directly Quantifies  the Antioxidant's Scavenging  Capacity against AAPH-Derived Free Radicals:  S. Kohri, H. Fujii, S. Oowada, N. Endo, Y. Sueishi, M. Kusakabe, M. Shimmei, and Y. Kotake,  Anal. Biochem., 386, 167-171 (2009). 
  • (2) Nitric Oxide (NO) Scavenging Capacity of Natural Antioxidants: Y. Sueishi, M. Hori, M. Kita, and Y. Kotake, Food Chem., 129, 866-870 (2011). 
  • (3) Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) of Cyclodextrin-Solubilized Flavonoids, Resveratrol, and Astaxanthin as Measured with the ORAC-EPR Method: Y. Sueishi, M. Ishikawa, D. Yoshioka, N. Endo, S. Oowada, M. Shimmei, H. Fujii, and Y. Kotake, J. Clin. Biochem. Nutr., 50, 127-132 (2012).
  • (4) Nitric Oxide Scavenging Rates of Solubilized Resveratrol and Flavonoids: Y. Sueishi and M. Hori, Nitric Oxide, 29, 25-29 (2013).
  • (5) The Enhancement of Fluorescence Quantum Yields of Anilinonaphthalene Sulfonic Acids by Inclusion of Various Cyclodextrins and Cucurbit[7]uril: Y. Sueishi, T. Fujita, S. Nakatani, N. Inazumi, Y. Osawa, Spectroc. Acta Pt. A-Molec. Biomolec. Spectr., 114, 344-349 (2013).

[TOP]トップへ戻る