日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 墨 智成

墨 智成

墨 智成

准教授

研究分野 : 理論物理化学

email

事務所: 

700-8530 岡山県 岡山市 津島中3-1-1
理学部本館(1号館)B329

Tel: 086-251-7837

My Web

略歴

  • 2013年4月-現在    岡山大学自然科学研究科 准教授
  • 2011年8月-2012年2月 客員研究員 (Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany)
  • 2011年4月-2013年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 情報知能工学系 助教
  • 2007年4月-2011年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 知識情報工学系 助教
  • 2002年4月-2007年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 知識情報工学系 助手
  • 1999年4月-2002年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)  分子科学研究所
  • 1999年3月      博士 (工学) (九州大学)
  • 1996年3月-1999年3月 九州大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程修了
  • 1994年4月-1996年3月 九州大学大学院工学研究科応用物理学専攻修士課程修了

主要論文

  • Possible mechanism underlying high-pressure unfolding of proteins: Formation of short-period high-density hydration shell
    T. Sumi and H. Sekino, Phys. Chem. Chem. Phys. (Communication) 13, 15829–15832, (2011).
  • Generality of Anomalous Expansion of Polymer Chains in Supercritical Fluids
    T. Koga, P. Gin, H. Yamaguch, M. Endoh, M. Asada, L. Sendogdular, M. Kobayashi, A.Takahara, B. Akgun, S. Satija, and T. Sumi, Polymer 52, 4331–4336 (2011).
  • Hydrophobic effects on multivalent-salt-induced self-condensation of DNA
    T. Sumi, C. Suzuki, and H. Sekino, J. Chem. Phys. 131, 161103, 1–4, (Communication) (2009).
  • Critical Casimir effect in a polymer chain in supercritical solvents
    T. Sumi, N. Imazaki, and H. Sekino, Phys. Rev. E 79, 030801(R), 1–4 (2009).
  • Metal-nonmetal transition in dense fluid hydrogen
    T. Sumi and H. Sekino, J. Chem. Phys. 128, 044712, 1–7 (2008).
  • Behavior of a polymer chain immersed in a binary mixture of solvents
    T. Sumi, K. Kobayashi, and H. Sekino, J. Chem. Phys. 127, 164904, 1–7  (2007).
  • An interaction site model integral equation study of molecular fluids explicitly considering the molecular orientation
    T. Sumi and H. Sekino, J. Chem. Phys. 125, 034509, 1–9 (2006).
  • A Cooperative phenomenon between polymer chain and supercritical solvents: Remarkable expansions of solvophobic and solvophilic polymers
    T. Sumi and H. Sekino, J. Chem. Phys. 122, 194910, 1–11 (2005).
  • PUBLICATION LIST

招待講演・海外国際会議での発表

  • 高圧変性の新たな側面:水和殻物性の蛋白質構造依存性 (招待講演)
    墨智成 (第11回日本蛋白質科学会年会ワークショップ「蛋白質の構造変化と水和−圧力効果の理論と実験の協奏に向けて−」大阪・ホテル阪急エキスポパーク, 2011年6月)
  • 疎水性高分子鎖の水和物性から見たタンパク質の変性機構 (招待講演)
    墨智成 (高分子基礎物性研究会「高圧下における高分子」,  東工大大岡山キャンパス蔵前会館3F 手島精一記念会議室, 2011年6月)
  • 水の物性に着目した蛋白質の変性機構 (招待講演)
    墨智成 (第23期CAMMフォーラム 本例会, 東京・表参道アイビーホール, 2010年6月)
  • オスモライトによる蛋白質の変性メカニズム:添加物分子の水への親和性の重要性 (招待講演)
    墨智成 (日本物理学会年次大会2010,領域12シンポジウム,  岡山大学, 2010年3月)
  • 高密度流体水素の金属ープラズマクロスオーバーおよび金属ー非金属転移 (招待講演)
    墨智成 (分子研若手研究会, 岡崎コンファレンスセンター,2008年1月)
  • Possible mechanism underlying high-pressure unfolding of proteins: Formation of short-period high-density hydration shell (Invited talk)
    T. Sumi and H. Sekino (49th EHPRG conference, Budapest, Hungary, Aug. 2011)
  • Possible mechanism underlying high-pressure unfolding of proteins: Formation of short-period high-density hydration shell (Invited talk)
    T. Sumi and H. Sekino (International Symposium on Molecular Science of Fluctuations toward Biological Functions, Okazaki, Japan, Mar. 2011)
  • Multivalent-salt-induced hydrophobic effects on self-condensation of highly charged polyelectrolyte chain (Invited talk)
    T. Sumi and H. Sekino (IUPAC 6th International Symposium on Novel Materials and Synthesis (NMS-VI) & 20th International Symposium on Fine Chemistry and Functional Polymers (FCFP-XX), Wuhan, China, Oct. 2010)
  • A possible mechanism of high-pressure unfolding of proteins: Formation of high-density hydration shell (Invited lecture)
    T. Sumi and H. Sekino (4th Mini-symposium on liquids (MSL4, 2010), Fukuoka, Japan, Jun. 2010)
  • Density-functional theory for thermodynamic properties of condensed systems consisting of quantum and classical particles (Invited talk)
    T. Sumi and H. Sekino (PACIFICHEM2005,  Honolulu, Hawaii, Dec. 2005)

研究助成

  • 平成25-27年度 科学研究費 挑戦的萌芽研究「微小管系分子モーターの化学−力学共役機構と力学的破断特性の統一的解明」墨智成
  • 平成21-22年度 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」(公募研究)「ソフトマターを対象とした液体論的マルチスケール解析手法の開発とその応用」墨智成
  • 平成20-21年度 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」(公募研究)「大きな揺らぎの存在する媒体中での高分子挙動に関する理論的解析手法の開発とその応用」墨智成
  • 平成11-13年度 科学研究費 特別研究員奨励費「高圧下および気一液共存曲線近傍におけるセシウムの分子動力学計算」墨智成

共同研究・研究協力

  • S. Klumpp, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany, 2011-
  • T. Koga, Stony Brook University, Stony Brook, NY, USA, 2009-2011.
  • T. Morita and H. Imamura, Chiba Univercity, Chiba, Japan, 2006-
  • H. Sekino, Toyohashi University of Technology, Toyohashi, Japan, 2002-

 

[TOP]トップへ戻る