日本語 | ENGLISH

新型コロナウイルス感染症への対応 (6月11日更新)

 

pdf-file化学科
パンフレット

岡山大学理学部化学科
〒 700-8530
岡山市北区津島中3-1-1
FAX: 086-251-7853

 

教員

ホーム » 教員 » 墨 智成

墨 智成

墨 智成

准教授

研究分野 : 理論物理化学

email

事務所: 

700-8530 岡山県 岡山市 津島中3-1-1
異分野基礎科学研究所棟 4階 406号室

Tel: 086-251-7837

My Web

略歴

  • 2016年4月-現在    岡山大学異分野基礎科学研究所 准教授
  • 2013年4月-2016年3月 岡山大学大学院自然科学研究科 准教授
  • 2011年8月-2012年2月 客員研究員 (Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany)
  • 2011年4月-2013年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 情報知能工学系 助教
  • 2007年4月-2011年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 知識情報工学系 助教
  • 2002年4月-2007年3月 豊橋技術科学大学大学院工学研究科 知識情報工学系 助手
  • 1999年4月-2002年3月 日本学術振興会特別研究員(PD)  分子科学研究所
  • 1999年3月      博士 (工学) (九州大学)
  • 1996年3月-1999年3月 九州大学大学院工学研究科応用物理学専攻博士課程修了
  • 1994年4月-1996年3月 九州大学大学院工学研究科応用物理学専攻修士課程修了

主要論文

  • Unveiling interaction potential surface between drug-entrapped polymeric micelles clarifying the high drug nanocarrier efficiency.
    Takeshi Morita*, Sayaka Mukaide, Ziqiao Chen, Kenjirou Higashi*, Hiroshi Imamura, Kunikazu Moribe, and Tomonari Sumi*, Nano Lett. 21, 1303–1310 (2021).
  • Two Different Regimes in Alcohol-Induced Coil-Helix Transition: Effects of 2,2,2-Trifluoroethanol on Proteins Being Either Independent of or Enhanced by Solvent Structural Fluctuations.
    Hiroyo Ohgi, Hiroshi Imamura, Tomonari Sumi*, Keiko Nishikawa, Yoshikata Koga, Peter Westh, and Takeshi Morita*, Phys. Chem. Chem. Phys. 23, 5760–5772 (2021).
  • Mechanism underlying hippocampal long-term potentiation and depression based on competition between endocytosis and exocytosis of AMPA receptors.
    Tomonari Sumi* and Kouji Harada, Sci. Rep. 10, 14711-1–14711-14 (2020).
  • Is F1‐ATPase a Rotary Motor with Nearly 100% Efficiency? Quantitative Analysis of Chemomechanical Coupling and Mechanical Slip
    Tomonari Sumi* and Stefan Klumpp, Nano Lett. 19, 3370–3379 (2019.
  • Theoretical analysis on thermodynamic stability of chignolin
    Tomonari Sumi* and Kenichiro Koga, Sci. Rep. 9, 5186-1–5186-9 (2019).
  • Application of Reference-Modified Density Functional Theory: Temperature and Pressure Dependences of Solvation Free Energy
    Tomonari Sumi*, Yutaka Maruyama, Ayori Mitsutake, Kenji Mochizuki, and Kenichiro Koga, JJ. Comput. Chem. 39, 202–216 (2018).
  • Design principles governing chemomechanical coupling of kinesin
    Tomonari Sumi, Sci. Rep. 7, 1163-1–1163-13 (2017).
  • A reference-modified density functional theory: An application to solvation free energy calculations for a Lennard-Jones solution
    Tomonari Sumi*, Ayori Mitsutake, Yutaka Maruyama, and Kenichiro Koga, J. Chem. Phys. 144, 224104-1–1224104-15 (2016).
  • A Solvation-Free-Energy Functional: A Reference-Modified Density Functional Formulation
    Tomonari Sumi*, Ayori Mitsutake, and Yutaka Maruyama, J. Comput. Chem. 36, 1359–1369 (2015).
  • Model-potential-free analysis of small angle scattering of proteins in solution: insights into solvent effects on protein–protein interaction
    Tomonari Sumi*, Hiroshi Imamura, Takeshi Morita, Yasuhiro Isogai, and Keiko Nishikawa, Phys. Chem. Chem. Phys. 16, 25492–25497 (2014).
  • PUBLICATION LIST

招待講演・海外国際会議での発表

  • 確率的モデリングによる分子モーターキネシンの化学-力学共役機構の研究 (招待講演)
    墨智成 (研究会「分子を使った寄せ木細工」 ~自己組織化したソフトマテリアルが織りなす「かたち」と機能, 2016年5月27日-28日,島根大学)
  • 確率的モデリングによるミオシンVの化学-力学共役機構の研究 (招待講演)
    墨智成 (植物細胞骨格研究会 Plant Cytoskeleton 2017,2017年11月17日–18日,岡山大学)
  • タンパク質の熱力学的安定性と溶媒効果 (招待講演)
    墨智成,甲賀研一郎 (第99回日本化学会春季大会 特別企画 分子を集める・分子を数える 〜「分子統計化学」を駆使したソフトマテリアル・溶液の機能構築,2019年3月16日,甲南大学)
  • タンパク質の熱力学的安定性と溶媒効果 (招待講演)
    墨智成,甲賀研一郎  (応用物理学会 M&BE 研究会「繋がり広がり深まる有機分子・バイオエレクトロニクス研究」2019年6月3日–4日,有馬温泉 かんぽの宿 有馬)
  • タンパク質折り畳みのエネルギー論と溶媒効果 (招待講演)
    墨智成,甲賀研一郎 (計算生命科学研究会 ~多体問題から生命システムへ~,2019年8月31日,神戸大学)
  • Dominant factor in thermodynamic stability of protein (Invited talk)
    T. Sumi and H. Imamura (Symposium “Biofunctional Science of the Structural Fluctuations of Biomolecules and Drugs” The 58th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, G Messe Gunma (Online conference), September 16-18, 2020)

研究助成

  • 令和2-4年度 科学研究費 基盤研究C「タンパク質構造安定性における疎水性相互作用仮説の検証と共溶媒効果の理論・実験解明」墨智成
  • 平成28-令和1年度 科学研究費 基盤研究C「タンパク質の構造安定性と分子間相互作用に関する実験と理論による研究」墨智成
  • 平成25-27年度 科学研究費 挑戦的萌芽研究「微小管系分子モーターの化学−力学共役機構と力学的破断特性の統一的解明」墨智成
  • 平成21-22年度 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」(公募研究)「ソフトマターを対象とした液体論的マルチスケール解析手法の開発とその応用」墨智成
  • 平成20-21年度 科学研究費 特定領域研究「非平衡ソフトマター物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」(公募研究)「大きな揺らぎの存在する媒体中での高分子挙動に関する理論的解析手法の開発とその応用」墨智成
  • 平成11-13年度 科学研究費 特別研究員奨励費「高圧下および気一液共存曲線近傍におけるセシウムの分子動力学計算」墨智成

共同研究・研究協力

  • K. Koga, Okayama University, Okayama, Japan, 2013-
  • K. Mochizuki, Zhejiang University, Zhejiang, Chaina, 2014-
  • Y. Maruyama, RIKEN Advanced Institute for Computational Science, Japan, 2013-
  • S. Klumpp, Max Planck Institute of Colloids and Interfaces, Potsdam, Germany, 2011-
  • T. Koga, Stony Brook University, Stony Brook, NY, USA, 2009-2011.
  • H. Imamura, Ristumeikan Univetsity, Shiga, Japan, 2006-
  • T. Morita, Chiba Univercity, Chiba, Japan, 2006-
  • H. Sekino, Toyohashi University of Technology, Toyohashi, Japan, 2002-

 

[TOP]トップへ戻る