日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 金田 隆

金田 隆

金田 隆

教授

研究分野 : 分析化学

email

詳しい情報はこちら

分析化学研究室へ

学位

博士(理学)

専門分野

分析化学

職歴

  • 1992年4月-1994年12月 九州大学工学部助手
  • 1995年1月-2007年 3月 九州大学工学部助教授
  • 2007年4月-2011年 3月 九州大学大学院工学研究院准教授
  • 2011年4月-現在        岡山大学大学院自然科学研究科 教授 
  • 1996年12月-1997年11月 文部省在外研究員 Iowa State University (Ames, Iowa, USA)

受賞歴

  • 1992年 2月 北海道分析化学奨励賞
  • 1998年10月 日本分析化学会奨励賞

所属学会

日本化学会,日本分析化学会,アメリカ化学会

研究概要

  • レーザー励起蛍光法による高感度検出の研究
  • 電気泳動法に基づく高性能分離の研究

趣味・特技

  • スポーツ:バスケットボール,スキー,フィッシング,福岡ソフトバンクホークス
  • 音楽:ギター
主要論文
  • 1. Measurement of Intracellular Accumulation of Anthracyclines in Cancerous Cells by Direct Injection of Cell Lysate in MEKC/LIF Detection, J. Mbuna, T. Kaneta, T. Imasaka, Electrophoresis, 31, 1396–1404 (2010).
  • 2. Postcolumn Derivatization of Proteins in Capillary Sieving Electrophoresis/Laser-Induced Fluorescence Detection, T. Kaneta, D. Yamamoto, T. Imasaka, Electrophoresis, 30, 3780–3785 (2009).
  • 3. Applications of Hadamard Transform to Gas Chromatography/Mass Spectrometry and Liquid Chromatography/Mass Spectrometry, C.-H. Lin, T. Kaneta, H.-M. Chen, W.-X. Chen, H.-W. Chang, J.-T. Liu, Anal. Chem., 80, 5755-5759 (2008).
  • 4. Capillary electrophoresis immunoassay based on an on-column immunological reaction, S. Miki, T. Kaneta, T. Imasaka, J. Chromatogr. A, 1066, 197-203 (2005).
  • 5. Hadamard Transform CE; A possible solution to the poor sensitivity of CE, T. Kaneta, Anal. Chem., 73, 540A-547A (2001).

[TOP]トップへ戻る