日本語 | ENGLISH

pdf-file化学科
パンフレット

岡山大学理学部化学科
〒 700-8530
岡山市北区津島中3-1-1
FAX: 086-251-7853

教員

ホーム » 教員 » 大久保 貴広

大久保 貴広

大久保 貴広

准教授

研究分野 : 無機化学

email

学歴

1994年 埼玉県立熊谷高等学校 卒業
1998年 千葉大学理学部化学科 卒業
2000年 千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程 修了
2003年 千葉大学大学院自然科学研究科博士後期課程 修了
この間、
2000年8月~10月 英国Edinburgh大学 留学

学位

博士(理学)(千葉大学,2003年)

職歴

2002年4月~2004年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2, PD)
2004年4月~2007年3月 東京理科大学総合研究所 助手
2007年4月~                    岡山大学大学院自然科学研究科 准教授
この間、
2006年1月~3月 豪州Queensland大学 客員研究員
2007年5月~2008年3月 東京理科大学理工学部 客員准教授
2012年3月 第2回日豪若手研究者交流促進事業(Australia-Japan Emerging Research Leaders Exchange Program: ERLEP 2011) 派遣研究員
2016年10月~2017年3月 九州大学先導物質化学研究所 客員准教授

受賞

2005年 日本油化学会 第8回エディター賞
2006年 日本化学会 第20回「若い世代の特別講演」賞
2006年 粉体粉末冶金協会 第29回研究進歩賞
2008年 日本吸着学会 奨励賞(三菱化学カルゴン賞)
2011年 材料技術研究協会 論文賞
2012年 日本化学会 コロイドおよび界面化学部会 科学奨励賞
2017年 岡山大学理学部 教育貢献賞

 

担当授業科目

学部:

(新カリキュラム)無機化学 3, 4,一般化学1(他学科向け専門基礎科目),化学実験1(無機化学分野)

(旧カリキュラム)無機化学Ⅱ・Ⅳ,一般化学(他学科向け専門基礎科目),化学実験Ⅰ(無機化学分野)


大学院: 無機化学反応論(博士前期),表面無機化学(博士後期)

専門分野

ナノ材料化学,極微界面化学

キーワード

ナノスペース,ナノ溶液,ナノカーボン,分子シミュレーション,X線吸収分光,非晶質X線回折

所属学会

日本化学会(コロイドおよび界面化学部会),アメリカ化学会,炭素材料学会,日本油化学会,日本吸着学会,粉体粉末冶金協会,材料技術研究協会,日本中性子学会,ナノ学会

研究内容

固体ナノスペースが形成する特異な分子場の効果を吸着分子の構造から解明する.現在の主な研究テーマは以下のとおりである.

  • (1)固体ナノスペース中の電解質溶液および金属錯体の構造
  • (2)固体ナノスペースを反応容器として利用した無機材料の創製

研究の目標

ナノポーラス材料をはじめとする様々な材料が秘めている未知なる可能性を最大限に引き出すために,単に現象論で留めることなく,理学的な立場から本質を解明する.

メッセージ

理学部での研究は必ずしも実用に直結した研究ばかりではありません.我々の周りに未発見のまま残されている現象を世に広めることが使命だと考えています.どんなに些細な変化にもきっと面白い発見があります.

研究内容についてひとこと

固体ナノ空間は文字通り固体の壁で囲まれた領域であり,一部の例外を除き直接観察が困難です.様々な物理化学的手法によりナノスペース制約分子・イオンの解明が進みつつあるものの,我々の身の回りで使えるような技術になっているかと言われたら,それには程遠い状況にあります.私の研究では,極限的に狭い空間でのみ特異的に発現する動的・静的構造や反応を基礎的な側面から解明することを目標としています.主としてX線,IR,UVなどを用いた分光学的手法による解析を行いますが,必要に応じて材料の開発や測定装置の開発(改造?)なども行い,”見えにくい空間”にある分子・イオンの解明に努めます.

過去5年間の主要論文

  • 1.Surplus adsorption of bromide ion into p-conjugated carbon nanospaces assisted by proton coadsorption
    M. Nishi, T. Ohkubo, M. Yamasaki, H. Takagi, and Y. Kuroda, J. Colloid Interface Sci. 508, 415-418 (2017).
  • 2. 【総説】単層カーボンナノチューブを反応容器として使う―ナノ制約銅錯体の可視光還元反応―
    大久保貴広, 材料表面, 2, 16-23 (2017).
  • 3.Asymmetric hydration structure around calcium ion restricted in micropore fabricated in activated carbons
    T. Ohkubo, T. Kusudo, and Y. Kuroda, J. Phys.: Condens. Matter 28, 464003 (7 pp) (2016).
  • 4.Experimental information on the adsrobed phase of water formed in the inner pore of single-walled carbon nanotube itself
    M. Nishi, T. Ohkubo, K. Urita, I. Moriguchi, and Y. Kuroda, Langmuir 32, 1058-1064 (2016).
  • 5. Nanospace-enhanced photoreduction for the synthesis of copper(I) oxide nanoparticles under visible-light irradiation
    T. Ohkubo, M. Ushio, K. Urita, I. Moriguchi, B. Ahmmad, A. Itadani, and Y. Kuroda, J. Colloid Interface Sci. 421, 165-169 (2014).
  • 6. 【総説】炭素ミクロ孔の制約効果により形成されるdブロック金属の水和・配位構造
    大久保貴広, 炭素, 260, 297-305 (2013).
  • 7. Structure of hydrated cobalt ions confined in the nanospace of single-walled carbon nanotubes
    B. Ahmmad, M. NIshi, F. Hirose, T. Ohkubo,  and Y. Kuroda, Phys. Chem. Chem. Phys.15, 8264-8270 (2013).
  • 8. Highly compressed nanosolution restricted in cylindrical carbon nanospaces
    M. NIshi, T. Ohkubo, K. Tsurusaki, A. Itadani, B. Ahmmad, K. Urita, I. Moriguchi, S. Kittaka, and Y. Kuroda, Nanoscale, 5, 2080-2088 (2013).

過去5年間の招待講演・国際会議での発表

  • 1. (招待講演)p空間へのアニオン吸着メカニズム
    大久保貴広,第27回吸着シンポジウム(吸着夏の学校)(千葉),2017年8月.
  • 2. A novel photoreduction of copper acetate confined in carbon nanospace
    T. Ohkubo,W. Okamura, T. Yumura, and Y. Kuroda, The World Conference on Carbon (Carbon 2017) (Melbourne, Australia),Jul. (2017).
  • 3. (招待講演)界面への液体・溶液の吸着:吸着種の構造と特異性
    大久保貴広,第35回関西界面科学セミナー(神戸),2017年6月.
  • 4. Confinement of hydrated alkaline earth metal ions In carbon nanospace
    T. Ohkubo,T. Kusudo, T. Tsurusaki, and Y. Kuroda, 7th Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST-7) (Xiamen, China),Sep. (2015).
  • 5. (Keynote Lecture) Confined states of hydrated ion species in micropores of carbon
    T. Ohkubo,M. Nishi, T. Kusudo, and Y. Kuroda, 13th China-Japan-Korea Joint Symposium on Carbon Materials to Save the Earth (Xi'an, China),Aug. (2015).
  • 6. A novel synthetic route to Cu(I) oxide nanoparticles from nano-confined copper complex in carbon micropore
    T. Ohkubo,M. Ushio, M. Nakagawa, M. Akiyama, and Y. Kuroda, 4th Symposium on Future Challenges for Carbon-Based Nanoporous Materials (Nagano, Japan),Mar. (2015).
  • 7. (Invited Lecture) Nano-restricted coordination compounds - Specific structure and eco-friendly synthesis of metal oxide nanoparticles
    T. Ohkubo,M. Ushio, M. Nishi, and Y. Kuroda, 3rd International Conference on Energy and Environment-Related Nanotechnology (Beijing, China),Oct. (2014).
  • 8. Visible-light photoreduction synthesis of copper(I) oxide nanoparticles using copper(II) complexes restricted in carbon micropores
    T. Ohkubo,M. Ushio, M. Akiyama, K. Urita, I. Moriguchi, and Y. Kuroda, 4th International Colloids Conference (Madrid, Spain),May (2014).
  • 9. (Invited Lecture) Specific structure and reaction of nano-confined coordination compounds
    T. Ohkubo,International Workshop on Energy Devices and Nanotechnology (Yonezawa),Mar. (2014).
  • 10. (Invited Lecture) Structure and reaction of coordination compounds restricted in carbon nanospace
    T. Ohkubo,The 1st Japan-Korea Joint Symposium and Autum Seminar on Advanced Chemistry (Okayama),Nov. (2013).
  • 11. (Invited Lecture) Fundamentals and application of nanocarbon adsorbent
    T. Ohkubo, M. Nishi, M. Ushio, T. Kusudo, K. Tsurusaki, and Y. Kuroda,International Symposium on Adsorption Nanoscience and Nanotechnology (ANST'13) (Zhangzhou, China),Oct. (2013).
  • 12. (Invited Lecture) Characteristics of restricted nanosolution formed in carbon nanospace
    T. Ohkubo, M. Nishi, T. Kusudo, A. Itadani, and Y. Kuroda,Collaborative Conference on 3D and Materials Research (CC3DMR) 2013 (Jeju, Korea),Jun. (2013).
  • 13. Synthesis and characterization of cuprous oxide nanoparticles utilizing nanocarbon materials
    T. Ohkubo, M. Ushio, K. Urita, I. Moriguchi, T. Ota, T. Iiyama, A. Itadani, and Y. Kuroda,11th International Conference on Fundamentals of Adsorption (FOA 11) (Baltimore, US),May (2013).
  • 14. (依頼講演)カーボンナノ空間を活かした高密度エネルギー貯蔵とナノ材料創製
    大久保貴広,第1回アドバンスドナノカーボン材料産業育成・イニシアティブ研究会(岡山),2013年3月.

過去5年間の研究助成

  • 1. 平成29年度 (公財)日立財団 海外渡航費補助
  • 2. 平成28~30年度 科学研究費補助金(基盤研究 B 分担) 「ゼオライト空間を利用した超常磁性及び一価ニッケル種の創製とそれらの物性・触媒活性」
  • 3. 平成27~29年度 科学研究費補助金(基盤研究 C 代表) 「炭素材料による陰イオンの選択的吸着現象の解明と吸着材の開発」
  • 4. 平成27年度 (公財)倉田記念日立科学技術財団 「ナノ空間を擬高圧場とする新規無機反応の開拓」
  • 5. 平成27年度 (公財)京都技術科学センター 「ハロゲン化物イオンの吸着分離を指向したナノポーラス炭素材料の開発」
  • 6. 平成27年度 (公財)中国電力技術研究財団 国際交流活動(海外渡航)援助
  • 7. 平成26年度 (公財)八雲環境科学振興財団 海外渡航に関する助成
  • 8. 平成26年度 (公財)ソルト・サイエンス研究財団 「ナノカーボンによるBrイオンの選択的吸着メカニズムの解明」
  • 9. 平成25~26年度 (公財)日揮・実吉奨学会 「カーボンナノリアクターによる新規無機合成経路の開拓」
  • 10. 平成25年度 (公財)双葉電子記念財団 「カーボン材料を用いた新奇メカニズムによる金属イオンの吸着分離の基礎科学と材料開発」
  • 11. 平成25年度 (公財)山陽放送学術文化財団 「カーボンナノチューブによる金属イオンの迅速な吸着分離メカニズムの解明」
  • 12. 平成25年度 (公財)ウエスコ学術振興財団 海外渡航に関する助成
  • 13. 平成25年度 (公財)岡山工学振興会 国際研究集会等派遣助成
  • 14. 平成24年度 (一財)向科学技術振興財団 「カーボン表面の化学修飾による金属イオン吸着・分離能の制御」
  • 15. 平成24年度 (公財)東京応化科学技術振興財団 「ナノ空間場を利用した錯体の構造・物性・反応の精密制御」
  • 16. 平成24年度 (公財)中国電力技術研究財団 国際交流活動(海外渡航)援助
  • 17. 平成23~24年度 JST 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)(FSステージ) 「カーボン材料を担体とした亜酸化銅ナノ粒子の室温簡易合成」
  • 18. 平成23~24年度 (財)稲盛財団 「ナノカーボン表面の化学状態制御による重金属イオン吸着材料の開発」

共同研究・研究協力

  • 高エネルギー加速器研究機構(KEK-PF), SPring-8

[TOP]トップへ戻る