日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 花谷 正

花谷 正

花谷 正

教授

研究分野 : 有機化学

email

FAX:086-251-7853

詳しい情報はこちら

有機化学研究室へ

最終学歴

岡山大学大学院理学研究科修士課程 修了

学位

学術博士(岡山大学, 1990年)

担当授業科目

(専門科目)有機化学 VI,有機化学実験,
(教養科目)教養有機化学

専門分野

有機合成化学,糖質化学,ヘテロ環化学

キーワード

プテリジン、有機リン化合物、リン糖(ホスファ糖)、複素環化合物

所属学会

日本化学会,有機合成化学協会

研究内容

  • (1)天然プテリン誘導体の合成   プテリン誘導体補酵素類は、種々の重要な生理活性や薬理活性を示すものが数多く知られているが、天然型のものは一般的に不安定で、生体内で活性部位までの移動の点において、幾つかの難点があることが指摘されている。そこでこれらの補酵素類を、より安定で、細胞膜透過性等に対し効果的に生理活性を示す化合物へ化学変換することを検討している。これまでに、ビオプテリンD-グルコシドやリミプテリン、テピドプテリン等のプテリングリコシド類の合成に成功している。
  • (2)ヘミアセタール環内にリン原子を有する糖類似体の合成   糖のヘミアセタール環中の酸素原子を炭素、窒素、硫黄で置き換えた糖類似体は天然に存在するだけでなく、数多くの誘導体が合成されている。我々はこれらヘテロ糖の特異な構造・物性・生理活性への興味から、環内にリン原子を有するリン糖(ホスファ糖)の合成研究を行っている。既にD-グルコースやD-リボース等の基本骨格を有するリン糖を合成しており、対応するオリゴ糖、ヌクレオシドの合成が進行中である。また、糖質化学の見地からだけでなく、新しいC-P結合導入法の開発や、含リン官能基の新規変換法の研究も行っている。

主要論文

  • 1. Synthetic Studies on Pterin Glycosides: the First Synthesis of 2’-O-(α-D-Glucopyranosyl)biopterin
    T. Hanaya, H. Baba, H. Toyota, and H. Yamamoto, Tetrahedron, 2009, 65, 7989-7997
  • 2. Efficient Total Syntheses of Natural Pterin Glycosides: Limipterin and Tepidopterin
    T. Hanaya, H. Baba, H. Toyota, and H. Yamamoto, Tetrahedron, 2008, 64, 2090-2100.
  • 3. An efficient, one-pot synthesis of fosfomycin dialkyl esters from (R)-2-tosyloxypropanal
    T. Hanaya, Y. Nakamura, and H. Yamamoto, Heterocycles, 2007, 74, 983-989.
  • 4. Synthesis and Structural Analysis of 6-Deoxy-6-hydroxyphosphinyl-D-fructopyranose derivatives 
    T.Hanaya, K. Imai, Y.V. Prikhod'ko, and H. Yamamoto, Carbohydr. Res., 2005, 340, 31-37.
  • 5. Synthesis of Sugar Analogs Having a Phosphorus Atom in the Pyranose Ring (Phospha Sugar) and Stereoselectivity of C-P Bond Introduction
    T. Hanaya and H. Yamamoto, Trends in Heterocyclic Chemistry, 2003, 9, 1-18.
  • 6. Stereoselectivity in Deoxygenation of 5-hydroxy-5-phosphinyl-hexofuranoses (α-hydroxyphosphonates)
    T. Hanaya, K. Sugiyama, H. Kawamoto, and H. Yamamoto, Carbohydr. Res., 2003, 338, 1641-1650.

海外国際会議での発表

  • 1. First Synthesis of a Representative, Natural Pterin Glycoside: 2’-O-(α-D-glucopyranosyl)biopterin
    T. Hanaya, H. Yamamoto, and W. Pfleiderer (23th International Symposium on Pteridines and Folates, Jeju, Korea, June 7-12, 2009)
  • 2. Efficient Total Syntheses of Natural Pterin Glycosides: Limipterin and Tepidopterin
    T. Hanaya, H. Baba, and H. Yamamoto (23Rd European Colloquium on Heterocyclic Chemistry, Antwerp, Belgium, September 9-13, 2008)
  • 3. Synthetic Studies on Phospholane Oxides and Phosphorinane Oxides Having Oxygen Functional Groups
    T. Hanaya and H. Yamamoto (2nd International Conference on Heterocyclic Chemistry, Jaipur, India, December 16-19, 2006 )
  • 4. Synthetic Studies of Sugar Analogs Having a Phosphorus Atom in the Hemiacetal Ring.
    T. Hanaya and H. Yamamoto (17th European Colloquium on Heterocyclic Chemistry, Rouen, France, 1998)
  • 5. Synthetic Studies of D-Ribofuranose Analogs Having a Phosphorus Atom in the Hemiacetal Ring.
    T. Hanaya and H. Yamamoto (17th International Congress of Heterocyclic Chemistry, Vienna, Austria, 1999)

研究助成

  • 1. 平成10年〜11年 科学研究費基盤研究(C)「ホスファ糖の新規合成法の開発と酵素阻害活性調査」代表 花谷 正

[TOP]トップへ戻る