日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 門田 功

門田 功

門田 功

教授

研究分野 : 有機化学

email

経歴

  • 昭和59年3月 高知県立高知大手前高等学校卒業
  • 昭和63年3月 高知大学理学部化学科卒業
  • 平成2年3月 高知大学大学院理学研究科修士課程修了 (小槻日吉三 教授)
  • 平成5年3月 東北大学大学院理学研究科博士課程修了 (山本嘉則 教授)
  • 平成4年4月~5年3月 日本学術振興会特別研究員
  • 平成5年4月~8年4月 東北大学理学部 助手
  • 平成8年5月~13年3月 東北大学反応化学研究所 講師
  • 平成11年4月~12年3月 カリフォルニア大学アーバイン校 客員研究員 (Scott D. Rychnovsky 教授)
  • 平成13年4月~16年3月 東北大学多元物質科学研究所 助教授
  • 平成16年4月~18年7月 東北大学大学院理学研究科 助教授
  • 平成18年8月~現在 岡山大学大学自然科学研究科 教授

受賞

  • 平成9年 日本化学会若い世代の特別講演賞
  • 平成10年 日本化学会進歩賞

研究課題

生理活性天然物の合成研究

主要論文

  • “Improved Synthesis of the A-G Ring Segment of Brevetoxin B”
    I. Kadota, H. Nishii, H. Ishioka, H. Takamura, and Y. Yamamoto, J. Org. Chem. 2006, 71, 4183-4187.
  • “Total Synthesis of Brevetoxin B”
    I. Kadota, H. Takamura, H. Nishii, Y. Yamamoto, J. Am. Chem. Soc. 2005, 127, 9246-9250.
  • “Synthetic Strategies of Marine Polycyclic Ethers via Intramolecular Allylations: Linear and Convergent Approaches”
    Kadota, Y. Yamamoto, Acc. Chem. Res. 2005, 38, 423-432.
  • “A Unified Approach to Polyene Macrolides: Synthesis of Candidin and Nystatin Polyols.
    I. Kadota, Y. Hu, G. K. Packard, and S. D. Rychnovsky, Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A.. 2004, 101, 11992-11995.
  • “Convergent Total Synthesis of Gambierol and 16-epi-Gambierol, and Their Biological Activities”
    I. Kadota, H. Takamura, K. Sato, A. Ohno, K. Matsuda, M. Satake, Y. Yamamoto, J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 11893-11899.
  • “Convergent Synthesis of Polycyclic Ethers via the Intramolecular Allylation of a-Acetoxy Ethers and Subsequent Ring-Closing Metathesis”
    I. Kadota, A. Ohno, K. Matsuda, Y. Yamamoto, J. Am. Chem. Soc. 2002, 124, 3562-3566.
  • “Palladium/Acetic Acid Catalyzed Allylation of Some Pronucleophiles with Simple Alkynes”
    I. Kadota, A. Shibuya, Y.-S. Gyoung, Y. Yamamoto, J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 10262-10263.
  • “Stereocontrolled Total Synthesis of Hemibrevetoxin B”
    I. Kadota, Y. Yamamoto, J. Org. Chem. 1998, 63, 6597-6606.

招待講演

  • "Total Synthesis of Marine Polycyclic Ethers" Sendai Postsymposium of ICOB-5 & ISCNP-25 IUPAC International Conference on Biodiversity and Natural Products, Sendai, July, 2006.
  • "Total Synthesis of Gambierol and Brevetoxin B" The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005), Honolulu, Hawaii, USA, December, 2005.
  • "Total Synthesis of Brevetoxin B" The International 21st Century COE Symposium of BINDEC Chemistry Network, Osaka, October, 2005.
  • "Convergent Total Synthesis of Gambierol" The First Internation COE Symposium Giant Polyether Natural Products -Isolation and Synthesis, Sendai, November, 2003.
  • ”ガンビエロールの全合成” 第38回天然物談話会、福岡、2003年7月
  • ”海洋産ポリ環状エーテルの全合成研究” 大塚有機合成シンポジウム、徳島、2002年9月
  • ”アリルスズの分子内反応を用いるポリ環状エーテルの立体選択的合成” 化学セミナー「環状エーテル系天然物の合成」、札幌、1999年1月
  • ”ポリ環状エーテル合成の新手法開拓とその応用” 日本化学会第74春季年会 受賞講演、京都、1998年3月
  • ”アリルスズの分子内反応を用いるポリ環状エーテルの合成とその応用” 第19回有機化学コロキウム、蔵王、1997年8月
  • ”ポリ環状エーテル合成の新手法開拓とその応用” 日本化学会第73秋季年会 若い世代の特別講演、盛岡、1997年10月

外部資金

科学研究費

(代表)

  • 平成19~21年度 基盤研究(B) 「海洋産ポリ環状エーテルの効率的全合成」
  • 平成15~17年度 若手研究(B) 「海洋産ポリ環状エーテルの高効率全合成」
  • 平成12~13年度 奨励研究(A) 「海洋産ポリ環状エーテルの合成研究」
  • 平成9~10年度 奨励研究(A) 「海産毒ガンビエロールの合成研究」
  • 平成7年度 奨励研究(A) 「海産毒ヘミブレベトキシンBの合成とその生理活性に関する研究」
  • 平成6年度 奨励研究(A) 「海洋産ポリエーテル系天然物の合成研究」

(分担)

  • 平成14~18年度  特別推進研究 (代表 山本嘉則) 「ルイス酸・遷移金属触媒を用いる環境調和型分子変換プロセスの開拓」
  • 平成9~13年度 未来開拓学術推進事業 (代表 山本嘉則) 「コンバージェントプロセスと材料」

財団等

  • 平成19年度 科学技術振興機構(JST)シーズ発掘試験研究
  • 平成19年度 長瀬科学技術振興財団
  • 平成19年度 山陽放送学術文化財団
  • 平成17年度 倉田記念日立科学技術財団
  • 平成17年度 ノバルティス科学振興財団
  • 平成15年度 内藤記念科学技術振興財団
  • 平成11年度 上原記念生命科学財団海外留学助成金
  • 平成9年度  三菱油化化学研究奨励基金
  • 平成5年度  松籟科学技術振興財団
  • 平成5年度  テルモ科学技術振興財団

[TOP]トップへ戻る