日本語 | ENGLISH

教員

ホーム » 教員 » 石田 祐之

石田 祐之

石田 祐之

教授

研究分野 : 構造化学

email

FAX:086-251-7832

詳しい情報は構造化学研究室へ

[学歴]

名古屋大学理学部化学科 卒業

名古屋大学大学院理学研究科博士課程 前期課程化学専攻 修了

名古屋大学大学院理学研究科博士課程 後期課程化学専攻 単位取得退学

[学位]

理学博士(名古屋大学,1985年)

[担当授業科目]

教養化学実験,基礎化学実験,量子化学II,量子化学III

[専門分野]

固体化学,構造化学,分光化学

[キーワード]

分子運動,分子間相互作用,核磁気共鳴,結晶構造

[所属学会]

日本化学会,日本結晶学会,日本物理学会,Deutsche Bunsen-Gesellschaft fur Physikalische Chemie

[研究内容]

固相における分子運動と固体物性についての研究

  • 固相中における分子運動と分子間相互作用について−核磁気共鳴・核四極共鳴を用いた研究
  • 固相−固相相転移の機構について−磁気共鳴と熱分析を用いた研究
  • 結晶における分子パッキングと分子間相互作用について−X線構造解析と分子軌道計算を用いた研究

[研究の目標]

分子間相互作用を活用したものづくり

[メッセージ]

[研究内容についてひとこと]

[過去5年間の主要論文(5件)]

  • Correlation between proton transfer and 35Cl NQR frequency as well as molecular geometry of chloranilic acid in co-crystals with some organic bases  T. Asaji, J. Seliger, V. Zagar, and H. Ishida

    Magn. Reson. Chem. 48, 531-536 (2010).
  • A 14N nuclear quadrupole resonance study of phase transitions and molecular dynamics in hydrogen bonded organic antiferroelectrics 55DMBP-H2ca and 1,5-NPD-H2ca

    Janez Seliger, Veselko Žagar, Tetsuo Asaji, Kazuma Gotoh and Hiroyuki Ishida

    Phys. Chem. Chem. Phys. 13, 9165-9172 (2011).

  • Hydrogen-bonded structures of the isomeric compounds of phthalazine with 3-chloro-2-nitrobenzoic acid, 4-chloro-2-nitrobenzoic acid and 4-chloro-3-nitrobenzoic acidKazuma Goto and Hiroyuki Ishida     Acta Cryst. C67, o473-o478 (2011).

  • Hydrogen-bonded structures of the 1:1 and 1:2 compounds of chloranilic acid with pyrrolidin-2-one and piperidine-2-one

    Kazuma Gotoh and Hiroyuki Ishida         Acta Cryst. C67, o500-o504 (2011).

  • Temperature dependence of one-dimensional hydrogen bonding in morpholinium hydrogen chloranilate studied by 35Cl nuclear quadrupole resonance and multi-temperature X-ray diffraction   Yasuhiro Tobu, Ryuichi Ikeda, Taka-aki Nihei, Kazuma Gotoh, Hiroyuki Ishida, and Tetsuo Asaji   Phys. Chem. Chem. Phys. 14, 12347-12354 (2012).

[過去5年間の招待講演・海外国際会議での発表]

  • 1. 該当なし

[過去5年間の研究助成]

  • 1. 平成19−20年度 文部省科学研究費 基盤研究(C)一般 「X千精密電子密度解析と核磁気共鳴法による水素結合の評価」 代表 石田 祐之
  • 2. 平成22−24年度 文部省科学研究費 基盤研究(C)一般 「異核原子間における短い水素結合系の解析」 代表 石田 祐之

[共同研究・研究協力]

  • 1. 該当なし

[TOP]トップへ戻る