日本語 | ENGLISH

注目の研究

ホーム » 注目の研究 » 氷の融解が始まる“きっかけ”を分子レベルで解明することに成功

氷の融解が始まる“きっかけ”を分子レベルで解明することに成功

記録日 : 2013年07月18日

松本正和准教授らの研究グループは、氷の均一融解の初期過程を分子レベルで詳細に解明する事に世界で初めて成功しました。

この結果は、6月20日付の英科学雑誌Natureに「氷の均一融解における制御段階としての欠陥対分離"Defect pair separation as the controlling step in homogeneous ice melting"という論文名で掲載され、表紙を飾りました。

詳細はこちら(岡山大学ホームページのプレスリリース)をご覧下さい。

[BACK] 一覧へ戻る

[TOP]トップへ戻る