日本語 | ENGLISH

イベント

ホーム » イベント » 荒川隆一先生 講演会

荒川隆一先生 講演会

イベント日 : 2010年11月02日

荒川隆一先生は,質量分析計のイオン源に独創的な改良を加え,質量分析法を錯体化学や超分子化学をはじめとする溶液分析化学や各種の応用分野へ展開され,幅広くご活躍されています。

この度、大学院の集中講義(11月1-2日)で来岡される際に,下記日程でご講演いただく機会を得ました。

多数のご来聴をお願い申し上げます。

 

講演(研究)内容

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法 (MALDI-MS)は,生体高分子・合成高分子など高分子量物質の分析に用いられる。マトリックスの役割はレーザー光の吸収,エネルギーの試料への変換,気相中でのイオン分子反応の媒体と考えられている。しかし,マトリックスおよびそのクラスターイオンがスペクトル中の低分子量領域に強い強度で観測されるので,低分子の薬剤・薬物および環境物質などの質量分析は一般に困難である。したがって,有機マトリックスを用いないレーザー脱離イオン化法の開発が求められている。我々は,有機マトリックスの代わりにナノ 粒子・ナノ構造表面をイオン化支援材料に利用した表面支援レーザー脱離イオン化質量分析法(SALDI-MS)の開発を行っている。

 

演題 :「ナノ粒子・ナノ構造表面を利用したレーザー脱離イオン化質量分析法の展開」

講師 :関西大学 化学生命工学部 教授  荒川隆一 先生

日時 :2010年11月2日(火) 14:00-15:00

場所 :理学部本館 25講義室

世話人 :理学部化学科 末石芳巳(251-7834,e-mail: ysueishi@cc.okayama-u.ac.jp)

[BACK] 一覧へ戻る

[TOP]トップへ戻る